芸能ニュース スポーツニュース

そこが知りたいニュースの核心☆News24

鳥貴族が鳥二郎を提訴!!しかし、和解か!?株価の影響は!?

鳥貴族

鳥貴族が鳥二郎を提訴!!しかし、和解か!?株価の影響は!?

 

 

貴族もついに我慢の限界か!?

 

 

大阪を皮切りに、兵庫、京都の関西圏だけでなく中部地方の大都市、名古屋に東京、神奈川、千葉と名物ジャンボ焼き鳥と格安メニューが人気をはくしグループも全国で400店舗に迫る勢いの鳥貴族

 

 

そんな、外食産業界では横綱級の強さを発揮する鳥貴族が、同じく焼き鳥をメインとする外食産業の鳥二郎を提訴!!しましたね……(^-^;

 

 

今回は、そんな鳥貴族鳥二郎の法廷闘争の結末が早くも気になり、どうなるのか!?と予想を兼て展開して参ります<(_ _)>

 

Sponsored Link

鳥二郎は鳥貴族をパクったのか!?

 

そもそも、今回の法廷闘争の発端はといえば、関西の超有名店である鳥貴族ロゴメニュー内容を同じく焼き鳥店である鳥二郎がパクった!!というもの。

 

 

はたして、鳥二郎鳥貴族をパクったのか!?というところが一つのポイントになろうかと思います(^-^;

 

 

で、結論的にはこの記事を読まれているあなたもそう思われるかも知れませんが、いやパクリやろ!?というところに落ち着くのではないでしょうか……(^-^;

 

Sponsored Link

 

 

実はこのニュースを知ったのは朝の情報番組。

 

 

その番組の中では鳥貴族を擁護する声が多かったのが印象的でしたね。

 

 

ほとんど同じ時間帯に一斉に鳥貴族鳥二郎を提訴のテロップ(゚д゚)!

 

 

最初は、店名も似てるしロゴも似ているし同じ飲食ビルに同居しているしでどちらが訴え、どちらが訴えられたのかも分からなかったんですが……鳥貴族が原告側だったんですね!!

 

 

鳥貴族と鳥二郎のそれぞれの歴史は!?

 

 

鳥貴族2

画像引用:株式会社ダンク

 

鳥貴族といえば、ジャニーズの関ジャニ∞のメンバーである大倉忠義さんの実の父が社長であるということで少し前に話題になったんですが、それよりもずーーーっと前の1985年ですから昭和60年に創業した歴史のある企業。

 

 

しかも、昨年2014年にはジャスダックに上場という事でも話題になりましたよね!?

 

 

メニュー価格を280円で提供するところなんかは、庶民の味方!!そのうえ上場だなんて経営者の手腕がスゴイんでしょうね!!

 

 

鳥二郎

画像引用:秀インターワン

 

一方の鳥二郎はといいますと、親会社である秀インターワンという企業自体が平成15年設立とありますので、創業12年ほどの企業ですね。

 

 

12年と一言でいえば簡単なようにも聞こえますが、飲食業界で12年、しかも成長し続けるというのはかなり困難なことでスゴイと思います。

 

 

ほか、鳥二郎について調べようにも、詳細が分からないというのが実情です<(_ _)>

 

 

しかし、鳥貴族メニュー280円で提供しているところ鳥二郎は270円で提供という離れ技に打って出ていますね!

 

 

で、結論的に鳥貴族と鳥二郎の戦いの結末はどうなるの!?

 

 

鳥捕り戦争

画像引用:BLOGOS

 

で、結論的にどうなの!?ってことになるわけですが、第一回口頭弁論という民事事件の手続きの際、鳥二郎側の主張として「パクってない!!」と明確に争う姿勢を見せたんですね!!

 

 

パクったのではなく、参考にした!!というのが主張のようでして(゚д゚)!

 

 

大きく争われているロゴ

 

 

鳥二郎側はロゴにはくちばしもあるし色も違うと激しく抗戦の様相(゚д゚)!

 

 

日本語って……

 

 

実際に鳥二郎側はロゴを商標登録しているんですよね。で、鳥貴族側はロゴの商標登録も持っているという構図でして一筋縄では参りません。

 

 

この両者の言い分を裁判所としてはどのように裁くのか!?普段はあまりこのようなニュースには言及しないのですがどうしても気になりまして。

 

 

ただし、裁判所での判断では鳥貴族側の主張を裁判に反映する事は非常に難しいとも言われています。

 

 

今後の鳥貴族の株価が気になるのですが……

 

Sponsored Link

 

そして、この闘争で鳥貴族株価も影響を受けないのか!?が気になります。

 

 

というのも、最近の企業のニュースで大塚家具の経営に関するお家騒動が大きく取り上げられましたが、やはり問題が続いていた時期は売り上げも芳しくなかったといいます。

 

 

鳥貴族も庶民の味方的メニューで大成長している企業。争いが長期化してお店のイメージが悪化することは避けたいはず。

 

 

イメージが悪化すれば売り上げに響き株価も影響を受けると……

 

 

しかし、お店の名前が類似していて紛らわしい!!などと実際に顧客からクレームが入っているとも言われ、少なからずお客さんにも迷惑が掛かっているというのも提訴の原因になってるとなるとやはり複雑。

 

 

今後は、鳥貴族側としてはギリギリの判断を迫られることになることもあるとは思いますが、目が離せない状況ですね。

 

 

心情的には、企業を経営するにあたり先に営業を開始したお店は知名度を上げるために資金を投じ、ビジネスモデルを確立するために資金を投じ並々ならぬ苦労があって今がある。

 

 

マーケティングの世界でベンチマーキングという言葉がありますが、節度ある範囲で行ってほしいなと思います。

 

 

鳥二郎としては裁判が長引けばその分名前が売れて利益が出そうな感じもしますし、長期化で不利になるのは素人目からも鳥貴族かと思ったりもする中で和解が現実的なのかなとも思いますね……

 

 

これまでにも類似の事案がありましたよね、白い恋人と面白い恋人とか和民と魚民とかいずれも和解になっていますもんね。

 

 

今回の訴訟の目的が紛らわしさを解消するためであるとすれば、これだけニュースで取り上げられて鳥貴族鳥二郎を提訴したという事実を多くの人が知ることになったことでも大きな効果があったと思うのは私だけでしょうか!?

あわせて読みたい関連記事:


 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
エッ(゚д゚)!みなさん50歳!?
ランキング
見てるだけで金運UP(^o^)☆

占・石井ゆかりの筋トレ☆

占星術なら鏡リュウジさん♡

菅野の超珍プレーな過去!!

村上佳菜子までソチで引退ってホント!?

☆仲田歩夢&田中陽子☆

天才バッター川端友紀・驚異のテクニック (゚д゚)!

意外と羽生結弦は肉食系!?

7年後は主役!?久保建英くん

今年大ブレークの予感(^^♪

ACミラン、偉大な10番の系譜☆☆☆☆☆

最新FIFAランキング・48位のナゼ!?

外国為替証拠金(FX)取引